SENSE OF DISTORTION~介護士のブログ~

介護士編の、男性版のジャンヌ・ダルクです。 普通の介護士と違うところは、救世主介護士であるというところです。 僕が、軸となり、介護士を盛り上げ、ムードを作り、現場の介護士が活躍することの、原動力になる。

欲の拡散と、人類の格闘。

               f:id:epicfraud:20180215190259j:plain

文明が発達した現代、これからの文明の進化において、確実に人は仕事をしなくなる。それは、正しいこと、正しい進化と言えるのか。僕は、疑問を感じてならない。

何故なら、過去の文明の進化の事例と大きく異なっているからだ。

文明が進化すれば、それに影響を受けて、仕事への意欲へ結び付け、より、意欲的に仕事に励むようになるはずだ。

過去、人類は、そういう風にして文明の進化を繰り返してきた。

それが、文明の進化のルールだとすると、現代の場合に、仕事をしなくなる方向へ繋がり、仕事に励む方向へと結びつかない、つまり、楽をするようになるのには、大きく疑問を感じる。

現代人は、過去の今までの人間のように、物に頼って、その機能性を役立てた上で、仕事の効率を上げ、仕事へ励むのではなく、自分が独立し、仕事を楽にするために物を使う。つまり、文明が進化したその延長線上には、「仕事をしなくても済む」、「仕事をしない」という結果の状態が待ち構えているのである。

この感覚の変化は、正当な進化のように思うが、疑問を抱くことは大事なことである。

人類社会が、より、繁栄していく上で、文明が産んだ素晴らしい科学技術の結晶が人間社会に現れた時に、楽をしたいという欲を行使するのが、果たして、本当に、最善で、適切と言えるのかという、壮大な大きな疑問点がある。

人類は、原始の時代、とても苦しい暮らし、思いをした。それは、今の我々には考えもつかない領域の苦難なのであったと思う。その苦難をしりぞけることが出来たらと願ったんだと推測する。だからこそ、我々、現代人には、文明の進化とは別に、根源には、楽をしたいという欲があり、そこからすべての進化のルーツが始まってるんだと思う。だからこそ、文明が発達し、IT文明の切れ端に遭遇した時に、その楽をしたいという欲が全面に出てしまう。まさに「自然」の理屈なのであり、何もおかしいことではないと言える。これが、何故、欲が出たかという理由になる。

欲の危険性について。欲は、その者自身を滅ぼす要因がある危険なものである。その、楽をしたいという願望の欲によって、進化が始まるきっかけが生まれ、人類の進化である、繁栄の歴史が始まり、その同じ欲によって、人類の繁栄に危険信号が灯るのである。自然のさがというものである。

その対策。人類という進化体そのものの殻を破る。それが、出来てこそ人類と言える。それが出来る逸材である。人類は。ニュー人類を生み出せるのは、我々、現代の原始人類である。進化体の底力を見せるのが必要。それは、楽をしたいという根源ではなく、もっと斬新で、発想力のある大志で成り立つ理想のようなもの。これが、躍動的な人類の未来へと繋がる、基礎のツールのようなものである。正しい進化の目的で、正しいやり方で、原始的な欲を遺棄すること。それが出来れば、この、欲という膿(うみ)が産んだと言えることが可能にある問題は、解決する。それが、次に書く最終的な問いの答えである。

何か、文明の進化のルールにそぐわない特殊なことが起きてるととらえることが、可能であり、それが、プラスの理由なのか、マイナスの理由なのか。プラスの理由なら問題はないが、マイナスの理由の場合には、気をつけなければならないのかもしれないと思う。

この場合、楽をしたいという欲を行使したことが原因での、文明の進化のルールにそぐわない、良くないことの、特殊な状態が起きている可能性があるからである。

このことのような矛盾が存在することから、次に書くことを問うことの必要性が生まれる。もしかすれば、我々は、文明の進化の過程の途中で、楽をしたいという欲を行使したことで、人類の繁栄に関わる、正しくない進化の方向へと進んでいる場合の可能性があるのではないかと、分析し、世の中に問おうと思う。

いくら文明が発達し、進化しても、人間自体がなまけている状態のことを、進化と呼べるのかという疑問があるということ。

進化とは、出来ないことが出来るようになる状態のことだから、人間が、向上心を持たず、労働努力を放棄し、なまけることが進化とは言える訳がない。これは、進化することをあきらめた姿ともとれるのである。仕事をしなくなった人間は、もはや、生クズであると思う。次へとつながるのは、生クズとしての未来しかあるはずがない。人工知能の賢さが、ずっと今のレベルであるはずがない。このことから導かれるのは、その賢さを持った人工知能に、我々が、生クズとして処理されること以外ないと思う。

今まで、文明が進化すれば、人間の中身、つまり、価値観や考え方も、それにつられて進化してきたのが現実である。それが当たり前のことなのである。それが、進化という現象なのであり、それが、なまけるという形で進化せず、比例しないのは、明らかに不自然という他ない。

つまり、このことから、我々の向かっている未来は、正しい進化ではなく、正しい進化は、別にあるのではないかということ。

今、世界は、自らで自らを滅ぼす方向へと向かっています。現在、向かっている未来の方角を、正しい未来性へと転換することが必要なんだと思う。それを、僕はやりたい。

文明が発達した現代、これからの文明の進化において、確実に人は仕事をしなくなる。それは、正しいこと、正しい進化と言えるのか。僕は、疑問を感じてならない。何故なら、過去の文明の進化の事例と大きく異なっているからだ。文明が進化すれば、それに影響を受けて、仕事への意欲へ結び付け、より、意欲的に仕事に励むようになるはずだ。

 

2018年2月末日

 

 


Pink Floyd - Money (Official Music Video)

 

 

 

twitter.com