世の中が変わるセンス

無才感という、戦いに代わる新しい秩序概念。

新しい観念の介護サービス制度

                                                       f:id:epicfraud:20170929170848j:plain

健康診断ならぬ、「暮らし診断」。

結論から説明すると、介護技術を用いて、アンチエイジングを行うサービス診断制度である。

 

 

老化しても、今までの暮らしを長く暮らせるようにするために設立。

介護が必要にならずに暮らせる状態を、出来るだけ長くキープ出来るようにするための制度。

 

 

介護技術の視点から、生活の習慣や環境を、新たに整えたりするアドバイスをする。(アドバイスのみ。それにともなった住宅の工事などはしない。)特に、ノーマライゼーションの実現を目的とし、ICFの考え方に基づいた支援を行うのが特徴になる。

 

 

介護保険は、困ってから困ったことに対応。

困る前に、困らないような暮らしを出来るだけ維持、キープするための制度。

(健康診断は、病気にならない状態を出来るだけ長くキープするためのもの。)

介護保険は、何かあった、問題が起きた次のステージでの対応であり、暮らし診断は、その前の、まったく健康な状態のキープが目的にある。

 

 

本人、もしくは、家族が要請することが出来る。

*健康診断と同じような、ワードとしての人々の認知度にする。

 

 

アンチエイジングの一つ。

 

 

このようなことは、医療技術では実現できない。介護技術での実現が望ましい。つまり、人間ドックや、抗加齢ドックではない手法。高齢者向けだからこそ成り立つ技術制度である。つまり、介護サービス版のアンチエイジングドックである。介護サービスの視点からのアドバイスであると、医学的な視点から以上に、分かりやすく、(利用者にとって)適切な認識に出来やすく、生活に活かしやすいと思う。

 

 

個別ケアとしての、一人一人の生活スタイルに合った診断結果を提示出来る。医療分野以外での、ケアマネージャーを中心とした多職種によるケアチームでの診断になる。特に、介護士のさまざまなデータは大いに役に立つ。目標とする状態は、ADLをキープしながら、IADLを確実に遂行出来ること。それによって、機能障害を未然に防ぎ、社会への参加が問題なく行える。そのための、環境因子や、個人因子というベースを整える。その上で、これまで暮らしている通りの健康状態を維持、キープ出来るというメカニズム。それが、介護サービスの仕事であり、この、暮らし診断の内容である。ICFでの合理的な考え方からで成り立っている。

 

 

ケアマネージャーによる、診断材料としてのデータをとるアセスメントが基礎となる。一人一人において、どのようなハザードやリスクがあるのかの分析も必要になるし、ハインリッヒの法則に基づいて、三層においての事故が起きる可能性も探っていく必要を持つ。利用者が持っている最大のストレングスが何かを発見し、それを活かすことを勧めるのは言うまでもない。アセスメントする側の介護支援専門員には、傾聴と洞察が必須となる。それが介護サービスの良点である。

 

 

このサービス診断制度をアピールする上でのスローガンとしては、「今までしてきた生活の質を維持することを譲れない。今まで暮らしてきた生活の質を落とすことを許せない。」内容的には、正しいわがままで、正当な自分への要求になる。つまり、わがままを形にする介護サービス制度となること。現段階では、「わがまま」だが、この制度が社会全体に普及した後は、持っていて当然の主体性を重んじた権利という認知となると思う。

 

 

つまり、介護予防の技術サービスを、老化予防に使うということ。

 

 

 

*解説

●客観的まとめ

 

分かりやすく説明すると

老化予防→直接的な対応 医療 アンチエイジングドック

介護技術で老化予防→直接的な対応 介護 介護予防

老化予防を介護技術で行う→直接的な対応 介護 暮らし診断

 

 

暮らし診断と、介護予防との分かりやすい違いは、老化することによって、長い間、今まで生きてきた考え方を、シフトする必要性があり、つまり、一つの判断として、「あきらめなければならない」のに対して、暮らしの物理的な維持だけでなく、自らの今までの人生に対する考え方も、まったく変えずに、維持するということを目的に含んでいるということ。これが、違いである部分である。老化を遅らせるのではなく、健康な状態を維持するという概念での「老化予防介護」となる。老化が進んで、介護予防をしないといけない年齢で、状態だが、それが老人っぽくて、若さを捨てるみたいで嫌だ、抵抗が大きく存在するという人達に適した介護サービスである。